【問題】
Aに雇用されているBが、勤務中にA所有の乗用車を運転し営業活動のために顧客Cを同乗させている途中で、Dが運転していたD所有の乗用車と正面衝突した。(事故についてはBとDに過失がある)事故によって損害を受けたCは、AとBに対して損害賠償を請求できるが、Dに対して損害賠償を請求することはできない。
  

 
  

 

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 ✕
数人が共同の不法行為によって他人に損害を加えたときは、各自が連帯して損害の賠償する責任を負う。Cは、A・B・D誰に対しても損害賠償請求できる。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら