【問題】
借地借家法第38条の定期建物賃貸借契約は公正証書等の書面によってしなければならないが、同法第40条の一時使用賃貸借契約は書面ではなく口頭で契約しても有効となる。

 

 

 
  

 

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 〇  
定期建物賃貸借契約は必ず契約書を作成しなければならないが、一時使用賃貸借契約は、借地借家法の適用がなく民法賃貸借としての諾成契約となる。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら