【問題】
昭和55年に新築の工事に着手し完成した建物の売買の媒介を行う場合、当該建物が地方公共団体による耐震診断を受けたものであるときは、その内容を重要事項として説明しなければならない。

 

 

 

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 〇
昭和56年6月1日以前に新築された建物を対象とした、耐震診断を受けたものであるときはその内容が、説明事項である。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら