【問題】
直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例に関し、受贈者について贈与を受けた年の年分の所得税に係る合計所得金額は2000万円以下でなければならない。

  

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 〇
この特例を受けるためには、受贈者の贈与を受けた年の所得税法に定める合計所得金額は2,000万円を越えてはならない。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら