【問題】
A銀行のB社に対する貸付債権につき、Cは、B社の委託を受けてその全額につき連帯保証するとともに、物上保証人として自己の所有する不動産に担保設定している。DもB社の委託を受けて全額につき連帯保証している。保証人各自の負担部分は平等である。CがA銀行に対して債権全額につき保証債務を履行した場合、その半額につきDに対する求償権を取得する。

 

 
  

 

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 〇
連帯保証人の一人がその負担部分を超えて弁済等債務の履行をしたときは、主たる債務者だけでなく、他の連帯保証人にも求償することができる。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら