【問題】
建物の賃貸借契約が期間満了によって終了した場合で、賃借物を受け取った後にこれに生じた損傷があるとき、賃借人は、通常の使用及び収益によって生じた損耗も含めてその損傷を原状に復する義務を負う。
 

 
  

 

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 ✕
賃借人の原状回復義務においては、通常の使用収益によって生じた損耗または経年変化の場合は除かれる。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら