【問題】
土地区画整理事業の施行者は、仮換地を指定した場合において、当該仮換地について使用又は収益を開始することができる日を当該仮換地の効力発生日を同一の日として定めなければならない。

 

 
 

 

  

 
  

 

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 ✕
障害となる物件が存するときその他の特別の事情があるときは、施行者は、仮換地の使用収益開始日を別に定めることができる。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら