【問題】
Aが、その所有地について債権者の差押えをまぬがれるためにBと通じて、登記名義をBに移転したところ、BがCに、CがDにこの土地を売却した場合、Cが善意であったとしても、Dが悪意のときは、AはDに対して土地の所有権を対抗することができる。

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 ✕
転得者が悪意の場合でも前主の第三者が善意の場合には、Cを保護する必要上、悪意のDも保護され所有権をDが取得する。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら