宅建とは

不動産取引のプロフェッショナルとしての宅地建物取引士は、幅広い企業でニーズの高まっている、注目度No.1の国家資格です。

宅建とは

宅建は、就職・転職に強い!!

宅地建物取引士(以下、「宅建士」)とは、不動産の取引を仕事として行う際に必要な国家資格です。
土地や建物などの不動産は、衣・食・住の「住」として、人の暮らしや企業にとって欠かすことのできない存在です。
つまり、宅建士は、私たちの生活と密接に関係している資格と言えます。
それゆえ、不動産業界のみならず、金融機関や販売・サービス業・一般企業の財務部門等、他の様々な業界からも重宝されているのです。
特に不動産取引企業においては、事業所ごとに、従業員5人に1人以上の割合で宅建士を置かなければならないことが法律で決まっています。
だから、宅建士は不動産業への就職・転職にも大変強いのです。
宅建とはまさに、幅広く役に立ちメリットの多い資格と言えます。

人気NO.1!最大級の国家資格!!

宅建とは、幅広い分野で役に立ち、就職・転職に有利な資格のため、国家資格の中でも抜群の知名度・人気があります。(受験者数が最も多い国家資格です。)
年齢、学歴などの受験制限もなく、誰でも目指せる資格です。
宅建試験で出題される分野はほぼ決まっているため、ポイントを押さえた学習法できちんと準備をすれば、法律の知識が全くない初心者でも合格することが可能です。
ただし、受験者数は毎年20万人近く、合格率はそのうちの約15%。 万全の受験対策をしなければ、一発合格することは難しい試験と言えるでしょう。
宅建専門校TOP宅建学院は、知識ゼロから一発合格をめざす方に、効率よく合格へ導くための講座をご提供しております。

生涯役に立つ資格!

また、プライベートで住宅を購入する際や賃貸契約を取り交わす際にも宅建知識が役に立ち、一度取得すれば社会で自分の力が発揮できます。
社会的信頼度も高くなり、自分の生活にも役立ち大変幅広い分野で活かせる、まさに万能資格なのです。

宅建取得のメリット!最大の財産である自分に投資しよう!

宅建を取ってステップアップ!夢を叶えましょう!!

宅建を取得することによるメリットは多々あります。

当学院から多くの合格者が輩出しておりますが、卒業生の皆さんは宅建取得後、さらに飛躍しています。
不動産企業で宅地建物取引士として活躍している方、各種企業への就職が決まった方、独立開業を果たし宅建業者を経営している方など、多岐にわたり活躍の場を広げています。
(不況時代の就職活動においても、宅建を取得していると大きな武器になります。)
また、努力の結果、宅建という国家資格に合格したことで、自分がより成長できた、自分に自信がついた!と、多くの方が実感されています。
宅建を取得すれば生涯あなたの役に立ちます。
生涯役立つ国家資格を取得するために、最大の財産である自分に投資しましょう!

就職・転職が有利に!

不動産取引業においては、事業所ごとに、従業員5人に1人以上の割合で宅建士を置かなければならないことが法律で定められており、宅建は不動産業界では必須の資格です。
不動産業界への就職や転職の際には、宅建を持っていることが強力なアピールポイントとなり、一気に有利になります。
採用企業側も、当初から条件を提示する場合も多く見られます。企業は宅建を取得している人材を出来る限り確保したいのです。
特に社会は専門的知識をもつ有能な人材を求めていますので、宅建を取得しておくと就職・転職に有利になります。

金融業界や様々な業界からのニーズも増大!

金融機関では、土地や建物を担保として融資を行うことから、宅建の知識が必要になります。また、生保業界においても資産運用の際に宅建の知識が必須です。
金融業でも宅建の知識が業務上必要なケースが多いので、多くの金融系企業が宅建を高く評価しているのです。
また、販売業やサービス産業、小売・外食産業の店舗開発にも宅建が必要です。一般企業の財務部門や総務部門でも、会社保有の不動産運用などで宅建が必須となります。
このように、価値ある不動産を扱うエキスパートとして、宅建士は様々な業界から必要とされています。

昇給・昇格・収入がアップ!!

企業にとって不動産は事業を展開させる上で欠かすことのできない存在です。
宅建という専門能力を有している人に、資格手当を支給したり、昇給・昇格・人事考課の面で、高い評価をするという企業も増えています。
企業は専門能力を持っている人材を求めており、有資格者を重宝するのです。

独立開業も可能!!

宅建を取得すれば、将来独立開業を果たすことも夢ではありません。
不動産取引業は、インターネットが発達した今、少ない資金で大きな成功をつかみ取るチャンスはますます増えてきています。
独立し、不動産業界のスペシャリストとして活躍している方も多くなっています。
年収もアップも期待でき、大きな目標を叶えることができるでしょう。

生活に役立ち、人生の財産になる価値ある資格!

夢のマイホームを建てる時や、賃貸をする時にも、宅建の知識があれば正しい判断をすることができ、税金や融資の面でもたいへん有利になります。
また、誰もが関わる「相続」にも宅建の知識は必要です。
さらに、です。この資格を持っていれば定年後の第2の人生不況の中でも生き抜く力を与えてくれる頼れる資格にも役に立つでしょう。
宅建資格はあなたの財産です。無限の可能性を秘めているご自分に投資して、ぜひ大きな夢を実現してください。
TOP宅建学院は頑張るあなたをとことん応援します!

宅地建物取引士の業務内容

宅建は業務独占資格!!

宅建士でなければできない業務(法律上の事務)があります。
不動産の売買契約や賃貸借契約の締結前に買主や借主に対し行う「重要事項の説明」、重要事項説明書への「記名押印」、契約が成立した後に交付する契約内容書面への「記名押印」です。
このように宅建士の業務は、不動産取引に関する専門的知識を有する者だけに与えられた「業務独占資格」と言えるのです。
したがって、宅建士は特に不動産会社において非常に重要な人材であり、その他の業種においても重要度の高い資格なのです。

宅建士の活躍するフィールド

1.不動産の売買・交換・賃貸借を代理・媒介する

宅建士は、不動産を『売りたい』『買いたい』または『貸したい』『借りたい』方たちの間に入り、取引の世話をします。いわゆる代理・媒介・仲介です。

2.自ら当事者として不動産の売買・交換を行なう

自分自身で所有する宅地やマンション、戸建住宅などの不動産の分譲や販売を行なう際も、宅地建物取引業の免許が必要となります。
※宅地建物取引業を営む場合は、各事務所ごとに、業務に従事する者の5名に1名以上の割合で、専任の取引主任者の設置が必要です。つまり不動産業を営む場合、宅建士はなくてはならない存在なのです。

宅地建物取引士は、上記の不動産企業において、宅建士でなければできない業務である「重要事項の説明」、重要事項説明書への「記名押印」、契約が成立した後に交付する契約内容書面への「記名押印」を取引の相手方に対して行うという重要な業務を行うのです。

資料請求はこちら
↑無料で資料をお届けいたします。
サンプルCDを無料進呈中♪
お申し込みはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ