R3年度
S.Kさん
男性・20代

令和三年の春頃、コロナ禍において大学がオンライン授業だったので時間もあり、何か資格を取ろうと考えました。
将来、ハウスメーカーや不動産関係の仕事に就きたいと漠然と思っていたので、役に立つと思い宅建を受験しようと思いました。数ある宅建の学校の中でTOP宅建学院を選んだのは、合格お祝い金の制度があったことと、宅建専門校ということです。私はDVD通信講座を受講しました。(ゼロから合格!完全攻略Vコース)最初は用語が難しく理解するのに苦労しましたが、テキストを何回も読みDVDを見るうちに理解度が増していきました。テスト前に本試験攻略模擬試験や直前模擬試験等を試験本番のように解いたのも非常に役に立ち合格する事ができました。