【問題】
AからBとCが負担部分2分の1として連帯して1000万円を借り入れる場合、Bについて時効が完成した場合にはCが、Cについて時効が完成した場合にはBが、それぞれ500万円分の債務を免れる。他方、債権者Dに対する主たる債務者Eについて時効が完成した場合には連帯保証人Fが、Fについて時効が完成した場合にはEが、それぞれ全額の債務を免れる。

 
  

 

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 ✕
連帯債務者の一人に時効が完成しても相対的効力しかなく、他の連帯債務者に何の効力も生じない。他方、主たる債務者について時効が完成すると附従性により連帯保証人の保証債務は消滅するが、連帯保証人の保証債務が時効完成しても、主たる債務者には相対的効力なので影響しない。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら