【問題】
債権者のAが、連帯債務者Bに対して履行の請求をした他の連帯債務者Cに及ばず、Cに対して請求してもBには及ばない。債権者Dが、主たる債務者Eに対して履行の請求をした効果は連帯保証人Fに及ぶが、Fに対して請求してもEには及ばない。

 
  

 

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 〇
債権者の連帯債務者に対する履行の請求は、相対的効力の事由である。他方、主たる債務者に対する履行の請求は、附従性により連帯保証人にも及ぶが、連帯保証人に対する請求は相対的効力であり、主たる債務者には及ばない。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら