【問題】
Aは、Bに建物を賃貸し賃料債権を有している。Aの債権者CがAのBに対する賃料債権を差し押さえた場合、Bは、その差押え前に取得していたAに対する債権と、差し押さえられた賃料債務とを、弁済期の先後にかかわらず、相殺適状になった段階で相殺し、Cに対抗することができる。
  

 

 
  

 

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 〇
第三者Cの差押えによって差止めを受けた場合でも、差押え前から反対債権を有していた場合はこれを自動債権とし相殺することができる。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら