【問題】
抵当権を設定する場合は、被担保債権を特定しなければならないが、根抵当権を設定する場合には、債権者と債務者との間のあらゆる範囲の不特定債権を極度額の限度で被担保債権とすることができる。
 

 
  

 

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 ✕
根抵当権は一定の範囲の不特定の債権を担保するので、包括根抵当権は禁止である。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら