【問題】
土地と建物が抵当権設定当時は別々の所有者に属していたが、抵当権実行当時には、土地と建物が同一の所有者に属していた場合、法定地上権が成立する。

 
  

 

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 ✕
抵当権設定当時同一の所有に属していることが法定地上権の成立要件である。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら