【問題】
裁判上の請求をした場合、裁判が終了するまでの間は時効は完成しないが、当該請求途中で取り下げ権利が確定することなく終了した場合は、その終了した時から新たに時効の進行が始まる。
  

  

 

  

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 ✕
裁判上の請求により手続終了までは時効の完成猶予となるが、その手続が確定判決により権利を確定することなく終了した場合は、手続終了後6ヶ月間猶予され、その後進行する。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら