【問題】
宅建業者が媒介により既存建物の貸借の契約を成立させた場合において、建物の構造耐力上主要な部分等の状況について当事者双方が確認した事項を37条書面に必ず記載しなければならない。

 

 

 

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 ✕
当事者双方確認事項は、貸借の媒介の場合は37条書面の記載事項ではない。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら