【問題】
仮登記は、権利の設定・移転・変更又は消滅に関して請求権を保全しようとするときに限り申請することができる。

 

 

 
  

 

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 ✕  
仮登記の申請は、権利変動の効力は生じているが登記所に情報を提供できないとき、又は請求権を保全する必要があるときに、申請できる。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら