【問題】
Aには、相続人となる子BとCがいる。Aは「甲土地を含む全資産をCに相続させる」旨の有効な遺言をした。Bの遺留分を侵害する限度で、Aの遺言は無効とされる。

 

 
  

 

↓↓解答・解説はスクロール↓↓










正解 ✕
Bの遺留分を侵害する遺言も有効であり、当然に無効とされるわけではなく、遺留分侵害額請求の対象となる。

※内容は2021年現在のものです。

上記の問題を収録した問題集を限定販売しています。20名限定販売となりますのでお早めにお申し込みください。
【必須項目・一問一答問題集】厳選・要チェック430(2021年度版)★特別価格2,980円(税・送料込み)【20名限定販売】詳細・購入はこちら